投資

Jリートはおすすめしない?やばい?サラリーマンが実際に投資してみた

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
そると

パパは現物の不動産投資しているけど、J-REITには興味がないの?

あいろん

実は最近すごい興味が出てきて、買い始めたんだよ。

Jリートは配当利回りも良いし、ハマる人にはすごい良い投資先だと考えているよ。

そると

そうなんだ!

それでは特徴やおすすめについて教えてくださーい♪

こんにちは!高配当株の延長線上でJリートにも興味を持ちはじめた、あいろん(@iron_money)です。

今回はJリートの特徴を、投資してみた観点から紹介していきます。

この記事は、こんな方に向けて書いています。

  • Jリートに興味がある
  • 不動産投資をしたいが敷居が高く感じている
  • 高配当株投資をしている

結論としては、下記になります。

  • Jリートはアセットアロケーションの分散に使いやすい
  • 資産全体の5〜10%保有する程度がおすすめ
  • 商品によって分配月が多彩なため、毎月収入を得やすい

それでは早速いってみましょう!

今回の参考書籍:「世界一やさしい REITの教科書 1年生」

そると

今回は、パパが「Jリートについてざっくり全体感を把握する」ために利用した書籍が参考書籍になっています。

あいろん

色々Jリートについて読み漁りましたが、本書は「全体感把握」としては1番わかりやすかったです。

あいろん嫁

本書には不動産クラウドファンディングなど別の話も入っていますが、パパはJリートの部分だけざっと読み進めたそうです。

例として、Jリートの投資対象はざっくり下記6パターンに分かれます。

Jリートの投資対象
  1. オフィスビル
  2. 住宅(マンションetc)
  3. 商業施設(ショッピングモールetc)
  4. 物流施設(倉庫、物流センターetc)
  5. ホテル
  6. ヘルスケア(老人ホーム、サ高住etc)
あいろん

「Jリートは気になるけど、上記の分類など知らなかった」くらいの知識感の人は本書で仕組みのざっくり理解をおすすめします。

そると

パパもJリートは「なんとなく知ってる」という感じで曖昧だったけど、バッチリ本書で整理されたそうだよ♪

あいろん嫁

それでは、実際に投資してみたパパが感じたJリートの特徴を紹介してもらいます♪

Jリートの投資対象

Jリートの投資対象
  1. 株式とのリスク分散に最適
  2. 新NISAと相性が良い
  3. 増配銘柄がある
  4. 毎月分配に設定しやすい

①株式とのリスク分散に最適

「少額から優良な不動産に投資できること」

「株式や債券とJリートは異なる動きをする」

Jリートには諸々のメリットがありますが、1番の魅力は「お手軽リスク分散」で間違いありません。

あいろん

不動産といえば「現物投資」がポピュラーですが、金額もリスクもそれなりに取らないといけない特徴があります。

そると

その点、Jリートは銘柄によっては5万円くらいから投資可能♪管理も不要で流動性も高い♪まさにお手軽って感じだね。

あいろん嫁

現物の不動産投資は、想像以上に手間と時間がかかります。

お手軽にポートフォリオに不動産を入れたい場合、Jリートは有効な選択肢になる可能性が高いです。

実際、あいろんも不動産購入の際は下記の点でかなり苦戦しました。

物件の選定
  • 条件に合う物件が出てこない
  • 物件の目利きが必要
  • 申し込みの即断即決が必要
物件購入
  • 融資先選定、説明が必要
  • 融資が降りないリスク
  • 常に抱える空室や地政学リスケ
あいろん

単に「株式と不動産で資産を分散したい」くらいであれば、Jリートの方がお手軽でリターンも固いです。

実際にやってみて痛感しました。

②新NISAと相性が良い

「新NISAは分配金等のインカムゲインも非課税である」

制度がスタートしてから、上記理由も相まって株式からの配当金が注目を集めています。

あいろん

新NISAの非課税メリットは、分配金が安定しているJリートと高相性です。

そると

「買ったら基本的には売らない」と決めたら、後は非課税で4〜5%の分配金を毎年受け取るイメージだね♪

③増配銘柄がある

「分配金の連続増加に注目したREIT銘柄3選」

本書には、上記のような視点でも銘柄をスクリーニングできます。

あいろん嫁

株式の増配の魅力については、先日パパが別記事にしています。

あいろん

長期的視点で見た時に、「分配金が増え続ける可能性」はリターンの結果に直結します。

増配余地の目線で見た時に、下記の3銘柄はJリート投資の選択肢に入ってきます。

  • 8966 平和不動産リート投資法人(16期連続)
  • 3481 三菱地所物流リート投資法人(10期連続)
  • 3269 アドバンス・レジデンス投資法人(5期連続)
そると

上記は「5期連続以上の増配」「NAV倍率1倍割れ」「分配金利回り3.5%以上」を全てクリアしているんだよ♪

あいろん

上記に共通しているのは「住宅」「物流」セクターで景気に左右されにくく、需要が底堅いことです。

安定感という意味では最初のJリートにぴったりでしょう。

あいろん嫁

アドバンス・レジデンス法人は優良リートとしてリベ大でも取り上げられていたよね。

インフルエンサーが取り上げている点からも安定感が読み取れるね。

④毎月分配に設定しやすい

「株式の決算期は3月に集中しているが、REITの決算月は銘柄ごとに分散している」

上記はJリート投資のメリットになりうる、大きな特徴です。

あいろん

株式の配当金は3.6.9.12月に集中します。

それ以外の月でインカムを狙う場合、Jリートを組み込むのがもっとも効率が良いです。

例えば、上記下記のようなポートフォリオで毎月分配が可能です。

投資法人配当支払い月
積水ハウス・リート投資法人(3309)1月、7月
大江戸温泉リート投資法人(3472)2月、8月
アドバンス・レジデンス投資法人(3269)4月、10月
福岡リート投資法人(8968)5月、11月
そると

株式で3.6.9.12月の配当を得ながら、その他はJリートで補うっていうのもありなんだね♪

あいろん

個人的には毎月分配型の投資信託より、自分でカスタマイズしてポートフォリオ組む方が好みです。

毎月の分配金がより嬉しいし、愛着も湧きます(笑)

ラップアップ

今回はJリートの特徴を、投資してみた観点から紹介していきました。

Jリートに興味がある人の、判断の一助になれば幸いです。

最後に一言。

あいろん

私はポートフォリオの5%くらいをJリートに組み込む予定です。

少しずつ買い進めていくのが今年の楽しみです(笑)

それではまた!

ABOUT ME
あいろん
30代半ばのサラリーマン。 大学卒業後、中堅メーカーに就職。 現在は、大手IT系企業に勤務。 プライベートでは1児の父。 娘のそるとちゃんを溺愛しています。 仕事・投資・その他マネーハック的な記事含め書いています。 FIREは目指していますが、働くのが苦でない系サラリーマンです。
広告